LEGO 版「バスカヴィル家の犬」の日本語字幕がアップされました

  • 映画
  • 2018年10月15日(月) 09:06

以前実施したシャーロック・ホームズ全集の読書会。その「バスカヴィル家の犬」の回では LEGO 版「バスカヴィル家の犬」の鑑賞会を行いました。

もともとは偶然 YouTube で「バスカヴィル家の犬」を LEGO で再現した動画があることを知ったのがきっかけです。約 45 分のストップモーションアニメーション(いわゆるコマ撮り撮影)で、チェコの方が制作されています。観てみると分かりますが、なかなかレベルが高いです。

予告編は以下です(日本語字幕なし)。

Lego Sherlock Holmes and the Hound of the Baskervilles TRAILER – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=byUBYeRGTDc

この作品はチェコ語版と英語版がありますが、日本語の字幕があるわけでもなく、日本で DVD が発売されているわけでもないので、日本人としては英語(あるいはチェコ語)で観るしかありませんでした。

そこで、読書会で鑑賞会をするために、制作者から翻訳及び鑑賞会の許可を得ました。

私は翻訳学校で字幕翻訳を勉強し、実際に翻訳の仕事にも関わっていました。今回もちゃんと字幕翻訳のルールに従って翻訳したので、素人の域は出ているはずです。

字幕翻訳をするには原語のスクリプト(書き起こし)が必要です。もちろん耳で聞いてどんどん訳していくこともできなくはありませんが、何度も見直す翻訳作業ではきちんと原文と翻訳文テキストを比較するのがプロのやり方です。

今回のビデオはスクリプトがありません。仕方ないので自分で書き起こしです。YouTube には自動書き起こし機能がありますが、あまり正確ではないので自分でちゃんとチェックしました。チェコ人の話す早口で抑揚のない、時々発音の間違いがある英語を書き起こすのは大変でした。

使用したアプリケーションとして、Babel(Windows)で翻訳し、Subtitle Workshop XE(Windows)で字幕を微調整し、Subler(Mac)で動画と字幕を合体させました。

無料体験版もあります! – 字幕制作ソフト Babel
http://www.babel.style/index.html

URUWorks
http://www.uruworks.net/index.html

Subler
https://subler.org/

最初に翻訳を完成には3日ほど掛かりましたが、その後何度もチェックや修正作業をしているので、正確な作業時間は分かりません。知っている話なので比較的ハードルは低かったものの、翻訳作業は大変でした。字幕翻訳というのは、どうしても切り捨てる部分が多くあります。表示できる文字数に制限があるので、要約したり、あえて原文とニュアンスを変えてしまうこともあります。一般的に映画の字幕が変だという批判が SNS 等でありますが、字幕翻訳は書籍の翻訳とは別物です。

翻訳は大変でしたが、自分の好きな作品を翻訳できたことはとても楽しい作業でした。いや、実は「バスカヴィル家の犬」はそこまで好きな作品ではなかったのですが、今回の翻訳を通じて好きになれたのです。鑑賞会でも映画を楽しんでいただけたようでよかったです。

ただせっかく翻訳したのだから鑑賞会だけで終わらせるのはもったいない。本家の動画に字幕を付けさせてもらいたい!

YouTube には字幕の Community Contribution という機能があって、他の人の動画に翻訳を付けることができます。このためには動画制作者が Community Contribution をオンにして、なおかつ受け付けた翻訳を承認する必要があります。このため、チェコの方に再びコンタクトを取りました。

ただ最初に翻訳の許可を得る際もそうでしたが、連絡をしても返事が返ってくるのが遅いんです。対応が遅いので、日本人的感覚からするといい加減とも思ってしまいますが、こっちはお願いをする側なので辛抱強く待ちました。なお、これらのやりとりは Facebook で英語で行いました。

Community Contribution をオンにしてもらうのに4ヶ月。オンになってすぐに私は翻訳をアップしましたが、2ヶ月半経っても承認されません。一度連絡して「やり方を調べているところだ」という返事が来ただけです。仕方がないので、承認方法を私が調べて手順を教えました。そうしたらすぐに承認をしてもらえました。

交渉を始めてから半年以上経って、やっと YouTube に私の字幕を採用してもらえました!

ちゃんと動画の下の説明欄にクレジットで名前も載せてもらえました。

予告編の動画に関しては、いまだにその Community Contribution をオンにしてもらえていません。その翻訳も私は準備済みなのですが、まあ本編が採用されたのでいいことにしましょう。

動画は以下で観ることができます。字幕が表示されない場合は、設定アイコンをクリックし、日本語字幕をオンにすれば表示されます。

Sherlock Holmes and the Hound of the Baskervilles – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=tg3R2QOQ8Mk

45 分程度の短い映画ですし、何より楽しい話なので、ぜひご覧になってください!

関連するかもしれない記事

パイプのローテーション

パイプスモーキングで使うパイプは複数個を交互に使うのが良いとされています。それに関する、良い解説記事を読みました。 How To Build A Pipe Rotation – Smokingpipes.com https://www.smokingpipes.com/smokingpipesblog/single.cfm/post/recommendations-for-building-pipe-rotation パイプの種類や喫煙ペースなど

続きを読む

シャトレーゼ「父の日パパケーキ」

ホームズ関連のツイートを見ていると「ワトソン君ケーキ」なるものが話題になっていました。 それは、シャトレーゼから父の日向けの期間限定商品として出ている「父の日パパ

続きを読む

[レビュー][講演会]「シャーロック・ホームズを通して見る日英のつながり」

Twitter でシャーロック・ホームズ関連の講演会があることを知りました。何やら 2019 年から 2020 年は「日英文化季間」らしく、その企画の一つだそうです。名古屋でホームズ関連のイベン

続きを読む