コナン・ドイルの親指の謎

  • 一般
  • 2021年04月20日(火) 13:54

去年コナン・ドイルの写真をツイートで紹介しました。

https://twitter.com/sh_topia/status/1263640501791502337

Pinterest で見つけた画像でしたが、以下の fineartamerica のページにもありました。

Sir Arthur Conan Doyle Photograph by Library Of Congress/science Photo Library
https://fineartamerica.com/featured/sir-arthur-conan-doyle-library-of-congressscience-photo-library.html

その時、親指を服に入れていることが気になっていました。

あの意味が分かりました。

『勝つための論文の書き方』(鹿島 茂;pp132-133)に、昔は肖像画を描かれる人のお決まりのポーズだったのだそうです。

おそらく肖像画の時代から写真が一般化する過渡期で、コナン・ドイルは肖像画の文法に従って親指を服のボタンとボタンの間に差し込んでいた。こういう推測だと納得します。

では肖像画で描かれる人がなぜ指を差し込むか。じっとしていて疲れるからでしょうか。

勝つための論文の書き方 (文春新書 295) | 鹿島 茂 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/3QuU962

関連するかもしれない記事

ホームズとモンテッソーリ教育

子育てをしていると「モンテッソーリ教育」というものに興味を持ち、本を読んだりして勉強しています。 モンテッソーリ教育について書かれた『子どもから始まる新しい教育』

続きを読む

[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 1×7

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第1シリーズ第7話 “The Case of the Maestro’s Ghost” を観ました。 「この、クズ!」みたいな感

続きを読む

暗闇でパイプスモーキング

僕にとってパイプを吸っている時間は、普段せわしなく生活しているなかでの貴重なリラックスタイムです。最近はそのことを改めて実感し、これまで1日1回のみのパイプを、

続きを読む