葉巻の着火

本ブログ用のネタは普段からストックしていますが、溜まったネタをずっと放置していました。せっかくのネタは時間が経つほど思い付いたときほどのテンションで書けなくなるので、どんどん放出していくことにしました。

ネタがある限りブログは精力的に更新します。基本的に毎日更新するはずです。ホームズネタだけで毎日ブログを書くのはそれなりに大変なので、ネタのストックが切れても続けられるかどうかは分かりません。

パイプはホームズのトレードマークなので、ホームズネタと言っていいでしょう。でも今回のような葉巻は微妙かもしれません。正典ではホームズ自身が葉巻を吸うシーンはないようです。でもパイプと比較し、パイプをより理解するために葉巻について語るのは悪くないと思っています。

葉巻を吸ってみて気付いたことは、着火がパイプと同じようにできないことです。

僕はオイルを頻繁に追加したりする手間が嫌なので、Zippo ではなくいつもマッチでパイプを着火しています。

葉巻も同じようにマッチを使おうとすると、すぐにアッチッチとなり危ないと気が付きました。

パイプは最初の頃は着火に慣れずにアッチッチとなっていましたが、今ではすぐに火をつけられるようになりました。葉巻の場合は、葉巻用の柄が長いマッチがあるので、それを使うのがいいのかもしれません。

あるいはターボライターを使うという手もあります。パイプではパイプの葉が吹き飛んだり、パイプが焦げるのでターボライターを使わないのが普通ですが(フランク・メソッドという着火方法だと使います)、葉巻ではターボライターはよく使われます。ターボライターは所持しているので、次はそれを使ってみるかもしれません。

Amazon.co.jp: 【高い品質】PIPITA トーチ ライター 線香 ガスライター 注入式 ジェットライター 防風 充填式 直噴ターボライター トーチ・火起こし着火用ガスライター(ガスなし) : スポーツ&アウトドア
https://amzn.to/3w6SEzQ

関連するかもしれない記事

ホームズはローストビーフが好き?

先日は IKEA に行ってきました。どんなお店に行ってもホームズグッズを探す癖がありますが、特に IKEA では見つけられませんでした。 レストランでは昼食をとり、私はローストビーフ

続きを読む

[映画][ベイジル・ラスボーン]『シャーロック・ホームズ シークレット・ウェポン』(1943)

ラスボーン・ホームズ4作目『シャーロック・ホームズ シークレット・ウェポン』(Sherlock Holmes and the Secret Weapon)を観ました。初鑑賞です。 モリアーティ教授が再び

続きを読む

[レビュー][読書メモ]『評伝 コナン ドイルの真実』(河村 幹夫)

honto でアウトレットとして半額で販売されていたときに買った本です。 評伝 コナン ドイルの真実 | 河村幹夫 |本 | 通販 | Amazon https://amzn.to/3xYaxW1 これほど詳細にまとまったコナン・ドイルの人生につい

続きを読む