「花婿の正体」は気持ち悪い?

  • 一般
  • 2022年05月17日(火) 17:30

5年前にシャーロック・ホームズ全集の読書会を開いたとき、まずは比較的ハードルが低い『シャーロック・ホームズの冒険』を課題図書としました。

その中で「花婿の正体」という事件がありますが、参加者のお一人がこの父親のことを「気持ち悪い」と言ってました。

僕はそれまで「ひどい毒親だな」と思う程度でしたが、気持ち悪いという感想は新鮮でした。

今風に言うと「今日はお父さんとデート」「今日は娘とデート」と言ってお出掛けする仲良し親子は問題ありませんが、(別の意図があったとはいえ)恋愛対象として自分の娘とデートするような父親にはやはり近親相姦っぽいイメージを持ってしまうんだと思います。気持ち悪いと感じるのは仕方がないかもしれません。

シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) | アーサー・コナン・ドイル, 深町 眞理子 | 英米の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
https://amzn.to/3a6qXjo

関連するかもしれない記事

[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 2×1

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第2シリーズ第1話 “The Case of the Wannabe Witch” を観ました。 今回はオカルト系です。探偵ものは「謎」に取

続きを読む

[コミック]『名探偵コナン』4×5「グリーン車の四人」

『名探偵コナン』のコミック第4巻 FILE.5「グリーン車の四人」を読みました。 コナンは、子どもだからできることと、子どもだからできないこと、をうまく活かした設定

続きを読む

[読書メモ]『詳注版シャーロック・ホームズ全集3』

p12 この当時、専門職に従事している人は、現代の職業道徳の許す枠内でも、自分の仕事の広告を出すという習慣がなかった。 p14 彼の生還をホット・ニュースとして公表したのであ

続きを読む