Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×3

第3話を観ました。タイトルは “The Hounds of the Baskervilles” 。原作が “The Hound of the Baskervilles” なので、ほんの少しだけ変えています。

月面に魔犬がいるというお話です。ホームズが月に行きます。この設定のパロディー作品を観るのは初めてだと思います。

22 世紀に登場したモリアーティー教授はクローンだったことが明らかになります。22 世紀に蘇ったホームズは結構すぐに 22 世紀のテクノロジーに順応しています。意外とジェネレーション・ギャップのギャグはないです。

関連するかもしれない記事

[映画][ベイジル・ラスボーン]『シャーロック・ホームズ シークレット・ウェポン』(1943)

ラスボーン・ホームズ4作目『シャーロック・ホームズ シークレット・ウェポン』(Sherlock Holmes and the Secret Weapon)を観ました。初鑑賞です。 モリアーティ教授が再び

続きを読む

[読書メモ]『バスカヴィル家の犬』(河出書房新社 単行本)

p50 この世界というのは、わかりきったことばかりで成り立っているのだけど、誰もがそれをしっかり観察しているわけではないのだ。 p146 あの男は、なかなかの男前だから、純情な

続きを読む

[コミック]『名探偵コナン』5×3「蘭ピンチ!」

『名探偵コナン』のコミック第5巻 FILE.3「蘭ピンチ!」を読みました。 蝶ネクタイ型変声機の新しい使い方が面白かったです。こういう工夫はいいですね。 やっぱりこわ

続きを読む