Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×7

第1シーズン第7話 “The Adventure of the Sussex Vampire Lot” を観ました。

シャーロック・ホームズが蘇ったぐらいなんだから、吸血鬼が出てきても不思議じゃないと言っていて面白かったです。

22 世紀が舞台という設定であるだけに、「何でもありに」に思えてしまいます。制限があるなかで主人公たちが工夫するから面白いのであって、「何でもあり」だと白けてしまいます。未来が舞台の作品では仕方がないことですが。

また “The game is ahoot.” の名言出ました。「不可能をすべて取り除けば〜」も出てきました。

関連するかもしれない記事

肩書きがないのがホームズの魅力

私は学生時代にイギリスに留学しました。ある女性教員が「私は大学院の博士課程まで行ったので Dr ○○○ と呼んでください」と言っていました。 日本だと博士課程に行った人の

続きを読む

中途半端なホームズグッズは買わない

切りがないので、中途半端なホームズグッズは集めるのをやめにすることにしました。 最近は百円ショップであろうと、ホームズっぽいものをちょくちょく売っていた

続きを読む

パイプレストの自作

私はちょうど1年前からパイプスモーキングを始めました。パイプを試行錯誤しているうちに、元来の収集癖が顔を出し、パイプを集めるのも好きになりました。本当は質のいい

続きを読む