Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×11

第 11 話 “The Adventure of the Dancing Men” を鑑賞しました。原作と同じタイトルです。

原作を知らない人を含め、最初から犯人が分かるパターンの物語です。

踊る人形のような初歩的な暗号は 22 世紀の技術なら簡単に解読できそうです。

ホテルで寝てたと言い張る容疑者が「それを証明できる人は?」と聞かれて、「枕かな」と言うセリフは好きです。

このシリーズのベス・レストレード警部は、結構ガサツな感じの女性です。

関連するかもしれない記事

ホームズは<私>か<僕>か

最近本ブログや Twitter で、自分のことを<私>ではなく<僕>と呼ぶことにしました。 社会人になってから<私(わたし/わたくし)>を使うことを習慣化していましたが、サラリー

続きを読む

『シャーロック・ホームズで読書会を開こう』の書籍が届きました【 Lulu 版】

シャーロック・ホームズの読書会を書籍化したことについて、以前書きました。 ホームズ読書会が書籍化しました – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2018/10/07/handbook-published/ 書籍は2種類のプラットフォームで販売しており、一

続きを読む

[読書メモ]『パイプ随筆』

p9 私、個人の経験を申し上げれば、一本のみを愛用していると、そのパイプは、いつも奇麗である。/沢山パイプを持っていると、どうしても手入れがおろそかになる。/私の奥

続きを読む