[小ネタ] 通訳と乞食の共通点

  • 一般
  • 2022年07月03日(日) 05:31

通訳者の故・米原万里さんの『不実な美女か貞淑な醜女』(米原万里、新潮社、1997)を再読していて、306 ページで以下のようなことが書かれています。

「通訳と乞食(こじき)は3日やったらやめられない」

『シャーロック・ホームズの冒険』の「くちびるのねじれた男」事件は、乞食を始めたらやめられなくなった人の話でしたね。

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫) | 万里, 米原 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/3OWek9M

シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫) | アーサー・コナン・ドイル, 深町 眞理子 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/3bJLbjR

関連するかもしれない記事

教会のバザーに出店 & ディアストーカー恥ずかしい問題

先日教会のバザーでホームズグッズを出品することを書きました。 名古屋中央教会のバザーにホームズグッズを出品します – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2019/10/24/selling-holmes-items-at-bazaar/ 以下は実際に出店を終えての感想です。 出品

続きを読む

『シャーロック・ホームズの冒険』初版本レプリカが届きました

海外の The Bradford Exchange というサイトで『シャーロック・ホームズの冒険』初版本レプリカが発売されたことを知り、Planet Express を使って注文したと書きました。 『シャーロック・ホー

続きを読む

シャーロック 短縮 URL サービスを始めました

3月も終わろうとしていて、2歳の子どもの保育園でも一部の先生は異動や退職で4月から会えなくなります。子どもの思い出のためにも一緒に記念撮影を撮ってもらいました。

続きを読む