Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×25

第 25 話 “The Adventure of the Mazarin Chip” を観ました。

22 世紀なんだから、見張りなんてドローンのようなロボットでやればいいのに、と思います。

そのわりには、今回は VR のようなものが登場。「マザリン・チップ」と呼ばれるデバイスを使って仮想空間を作り出しています。そして単にヴァーチャルな映像を作り出すのではなくて、形あるものを作り出しているところが面白いです。

モリアーティーはいつも取り巻き1人と一緒に行動していますが。「悪の組織」としてもっと大勢で活動すれば悪巧みも成功するはずなのに変ですね。

「証拠がない」と諦めているイレギュラーズに対して、ホームズが “There are always clues.”(いつでも証拠はあるさ)と言っているところにしびれました。

関連するかもしれない記事

[コミック]『名探偵コナン』1×4「6本目の煙突」

『名探偵コナン』のコミック第1巻 FILE.4「6本目の煙突」を読みました。 コナンは馬に乗るかのように犬に乗っています。 最初の事件でまだ阿笠博士のガジェットがない

続きを読む

[eBay] 葉巻用のシガーカッターを購入しました

Smokingpipes で葉巻(シガー)が届いたことを書きました。 Smokingpipes のパイプタバコが届きました【2021 年7月版】 – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2021/07/11/pipe-tobacco-202107/ 葉巻を購入すると同時に、シガーカッターも必要だと気付きまし

続きを読む

[映画][ベイジル・ラスボーン]『アルジェへの追跡』(1945)

ラスボーン・ホームズ 12 作目『アルジェへの追跡』(Pursuit to Algiers)を観ました。 今回もスパイ映画みたいでワクワクしました。結構ハラハラするシーンも多

続きを読む