[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 1×2

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)第1シリーズ第2話 “The Case of the Ruby Ring” を観ました。

前回は放火、今回は感電など、子ども向けのドラマとしては笑えません。

白人ばかりのカナダの大学でインド系っぽい女の子が嫌がらせを受けるのは、見ていて嫌な気分になります。

事件の捜査とはだからといって、得体の知らない液体を舐めるシャーリー。僕は子どもの頃、ミニ四駆から出ていた液体を舐めて舌がしびれました。電池の液体漏れだと気づきました。正体不明のものは舐めるのはやめましょう。でもロバート・ダウニー・ジュニアの映画版ホームズでも、捜査中に証拠の物体を舐めていたような・・・。ちなみに今回のドラマの液体はルートビアでした。久しぶりに飲みたくなりました。

シャーリーの宿敵であろう、モリーという女の子が登場。名前からしてモリアーティー役ですね。ややオタク的なシャーリーとイケイケ女子のモリーの対比がスクールカーストのようなものを感じます。

関連するかもしれない記事

アニメ『金田一少年の事件簿 R』第2期を観終えました

私の中学、高校生の頃にアニメの『金田一少年の事件簿』『名探偵コナン』をリアルタイムで観ていました。ちょうど主人公と同じ年代なので(少年のコナンは同じ年代と言える

続きを読む

映像作品におけるパイプのリアリティー

映画『アステロイド・シティ』を観ました。 9/1(金)公開|映画『アステロイド・シティ』公式-ウェス・アンダーソン監督最新作 https://asteroidcity-movie.com/ この映画を楽しみにしていたのは予告編

続きを読む

サイト移行&リニューアルのお知らせ 2024

サイトを移行し、リニューアルしました 本サイト「シャーロック・ホームズ・トピア(Sherlock Holmes Topia)」は 2018 年に始めました。6年も運営しているとコンテンツ

続きを読む