[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 1×5

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第1シリーズ第5話 “The Case of the Alien Abductions” を観ました。

エイリアンものです。『X-ファイル』好きとしては期待して観ました。”The truth is out there.” という X-ファイルに出てくるセリフも出てきたので制作者も意識していると思います。

kinder-phobia(子ども恐怖症)の学校の先生が出てきました。一見笑える話ですが、現実にそういう先生もいそうです。

今回シャーリーは石膏で足跡の型を取っていました。

「不可能を取り除けば〜」というホームズのセリフが出ました。

関連するかもしれない記事

Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×21

第 21 話 “The Gloria Scott” を観ました。 ドアの鍵が音声によって開くようになっています。それを悪役が針金みたいなもので真似て開けてしまうのは、未来的なのか原始的な

続きを読む

[レビュー][講演会]「シャーロック・ホームズを通して見る日英のつながり」

Twitter でシャーロック・ホームズ関連の講演会があることを知りました。何やら 2019 年から 2020 年は「日英文化季間」らしく、その企画の一つだそうです。名古屋でホームズ関連のイベン

続きを読む

[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 3×6

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第3シリーズ第6話 “The Case Of The Second Take” を観ました。 公衆電話に電話がかかってくるのは『スピード』

続きを読む