[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 3×11

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第3シリーズ第 11 話 “The Case Of The Ten Dollar Thief” を観ました。

このドラマシリーズは、扱う話が大きくなるほどマンガっぽくなり、話が小さいほどリアリティーが増しているような気がします。

スパイの話になってボーがシャーリーのことを「マネーペニー」と呼んでいます。もちろん 007 シリーズのことですね。

カフェのテーブルの中からコンピューターが出てきてネットで調べ物をしていました。こういうインターネットカフェもあるみたいです。

今回登場した探偵ガジェットは盗聴器です。パラボナアンテナみたいなもので集音していました。

エンディングに、久しぶりにシャーリーのまとめのモノローグがありました。

関連するかもしれない記事

[映画][ベイジル・ラスボーン]『緑の女』(1945)

ラスボーン・ホームズの 11 作目『緑の女』(The Woman in Green)を観ました。初鑑賞です。 予感はしていましたが、死んだと思ったモリアーティー教授はやはり生きていまし

続きを読む

ホームズ関係アプリの作成計画 2022

きのうはホームズ関係の本の出版計画について書きました。 ホームズ本の出版計画 2022 – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2022/11/25/book-publishing-plan-2022/ 僕はアプリ開発者でもあるので、ホームズに関係するアプリを作りたいなと以前か

続きを読む

ホームズ物語のタイトルをブタゴリラが言ったら

アニメ『キテレツ大百科』のブタゴリラはいつも言い間違えをします。 ホームズ物語の「くちびるのねじれた男」はブタゴリラなら、 「根性がねじまがった男」 と言いそうだと思

続きを読む