[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 4×4

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第4シリーズ第4話 “The Case Of The Virtual Zeus” を観ました。

AI が出てきます。20 年前のまだパソコンのモニターが大きい時代なので、その違和感が面白いです。

今回の探偵ガジェットは以前も使っていた、パラボラアンテナのような集音器です。

もう出ないと思っていたカーボーイ君がまた登場。シャーリーがそのイケメンとイチャつくところは嫌です。「名探偵もしょせんイケメンが好きなのね」と悲しくなります。ボーぐらいがちょうどいいので、ボーには頑張ってほしいです。「実はシャーリーのことが好きだったんだ」という展開を希望します。

関連するかもしれない記事

[読書メモ]『シャーロッキアン翻訳家 最初の挨拶』

p7 アーサー・コナン・ドイルの一家は「コナン・ドイル」という複合姓 p7 アーサーの父の代やきょうだいの一家は、「ドイル」が姓です。 p9 シャーロッキアーナ・・・・・・シャ

続きを読む

[読書メモ]『シャーロック・ホームズガス燈に浮かぶその生涯』

p12 「シャーロツク」という名は、古いアングロサクソン語〔古代英語で「金髪の」あるいは、「輝く」という意味であるが、実際シャーロックは、母親似であった。 p47 いちばん重

続きを読む

[読書メモ]『シャーロック・ホームズからの言葉』

p8 「ぼくほどよく勉強し、才能に恵まれていた者は、過去にも現在にもいない」 p11 実はホームズ、どんなにつまらない失敗をしても評価が下がらないことを自覚していたからなの

続きを読む