[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 4×13(最終話)

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第4シリーズ第 13 話 “The Case Of The Dragon’s Breath” を観ました。

ついに最終回です。

シャーリーとボーの間に亀裂が入るシーンから始まり、喧嘩をしながら事件を二人で解決していきます。そして最後は “それとなく” 強い絆ができて終了。この絶妙な感じが良かったです。

ウクライナに帰ってしまうボー。シャーリーはボーにこれまで書いてきた事件簿をプレゼントします。このシーン、いいな〜。

キスぐらいするのかなと思ったらありませんでした。いや、それぐらいの友だち以上恋人未満の絶妙な関係が魅力なんでしょう。

最後はあっけないぐらいに唐突に終わりました。またふと思い出して、「またあの2人に会いたい(=またドラマを観たい)」と思う日が来そうです。

シリーズを通じてどんどん大人になって魅力的になっていくシャーリーを僕は好きになっていました。

宿敵モリーのことは数回前のエピソードで「実はいい人だった」ということで終わりになったようです。

安っぽい部分があるものの、それはそれで楽しめるドラマでした。青春ドラマとしては十分面白いです。

昔ケーブルテレビで断片的に観ていたドラマを、改めてこうやって全話しっかり鑑賞できてよかったです。

関連するかもしれない記事

[映画][ベイジル・ラスボーン]『バスカヴィル家の犬』(1939)

ラスボーン・ホームズを順々に観ています。3本目に観たのは『バスカヴィル家の犬』(The Hound of the Baskervilles)です。ラスボーン版の第1作目です。 これは買

続きを読む

[映画][ベイジル・ラスボーン]『緋色の爪』(1944)

何年も前にベイジル・ラスボーン版ホームズの DVD を買いましたが、中途半端に観て放置していたので、きちんと全部観ることにしました。 まずは『緋色の爪』です。3年半前に一

続きを読む

[映画][ベイジル・ラスボーン]『シャーロック・ホームズと恐怖の声』(1942)

ラスボーン・ホームズ3作目『シャーロック・ホームズと恐怖の声』(Sherlock Holmes and the Voice of Terror)を観ました。初鑑賞です。 今回はホームズの髪型が違います。

続きを読む