X-ファイルとホームズ

  • 一般
  • 2022年10月22日(土) 05:51

海外ドラマ『 X-ファイル』関係のツイートをフォローしているせいか、最近また X-ファイルを観たくなってきました。

The X-Files / David and Gillian (@AndMulder) / Twitter
https://twitter.com/AndMulder

僕は昔から X-ファイルが好きで、特に大学生の頃は熱心に観ていました。X-ファイルは近年に放映された最新シリーズを含めてすべて観ている・・・と書こうと思いましたが、今調べたところ、いつのまにか 2018 年にシーズン 11 が放映されていました。これも観ておかないと。

Amazon | X-ファイル 2018 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] -TVドラマ
https://amzn.to/3F31LYh

なぜ X-ファイルを好きなのかを考えてみると、反権威主義的なところに共感するからだと思います。個人がシステムと闘うところにかっこいいんです。立花隆さんの本を昔は熱心に読んでいましたが、たった一人で言論によって巨悪に立ち向かうところが、これまたしびれていたんです。

Amazon.co.jp: 巨悪vs言論(上) 田中ロッキードから自民党分裂まで (文春文庫) eBook : 立花 隆: 本
https://amzn.to/3VZHol4

そういう意味で、ホームズ物語が好きなのも同じ理由だと思います。一人で権力や巨悪と闘っているじゃないですか。

社会人になって会社でハラスメントを受けたこともまた僕の反権威主義を強化することになりました。昔は英検1級目指してせっせと勉強していましたが、今はもう英検なんて受けようと思っていません。「他の人に認めてもらおう」と思うこと自体が権威主義です。僕は自分の価値は自分で決めたいのです。

僕がホームズクラブに入ろうかなと一瞬思うことはあっても入ろうとしないのは、システムに取り込まれる気がするからかもしれません。

最近は本ブログで『名探偵コナン』のコミックのレビューを書いています。一昔前のドラマのレビューを書いたりもしていました。いま流行りのものを追うのはバカバカしいので、あえて “今さら” 感のある昔の作品を鑑賞しています。流行なんてものも、大手メディアや広告会社といった巨大システムの仕掛けにすぎないからです。

いつまでも続くパンデミックや戦争、今後確実に訪れるであろう大不況といった危機の時代に我々は生きています。危機のときほど人はシステムにしがみつこうとするので、ますますシステム側の思い通りになってしまう危険性があります。僕は個人でシステムに立ち向かっていきたいです。

関連するかもしれない記事

[読書メモ]『バスカヴィル家の犬』(光文社文庫)

p16 ロンドンでの仕事を捨てて田舎にいくなんて、野心のない者しかしないことだ。 p47 これは、医師としてではなく、サー・チャールズの遺言受託執行人として申しあげているので

続きを読む

[読書メモ]『シャーロック・ホームズガス燈に浮かぶその生涯』

p12 「シャーロツク」という名は、古いアングロサクソン語〔古代英語で「金髪の」あるいは、「輝く」という意味であるが、実際シャーロックは、母親似であった。 p47 いちばん重

続きを読む

[コミック]『名探偵コナン』1×6「迷探偵を名探偵に」

『名探偵コナン』のコミック第1巻 FILE.6「迷探偵を名探偵に」を読みました。 蝶ネクタイ型変声機登場です(まだ使っていません)。 ちなみに今「ちょうねくたい」と入

続きを読む