[コミック]『名探偵コナン』3×4「一族抹殺」

『名探偵コナン』のコミック第3巻 FILE.4「一族抹殺」を読みました。

こわいタイトルです。

親族同士で「お前が犯人じゃないか」と言い合うのは嫌な感じです。

コナンをちょこちょこ読んで感想を書いていくこのシリーズですが、毎回感想を考えるのにそれなりに苦労しています。でも僕は物書きなので、そうやってなんとか感想をひねり出すことが、文章力の訓練になっていると思うようにしています。

***

11 年ほど前の就活生のころにコナンコミックを読んでいたときは、20 巻の 22 ページまで読んでいたようです。Evernote に書いていた記録を見つけました。

関連するかもしれない記事

コナン・ドイルとスピリチュアリズム

コナン・ドイルについての解説を読むと、第一次世界大戦で息子を亡くしたのをきっかけにスピリチュアリズムの世界に傾倒していった、と書かれています。 僕はこれはコナン・

続きを読む

show-off:見せびらかし

高校生の頃、社会科の先生で少し変わった先生がいました。 ある時、「これからの時代は自分の能力をどんどん人に示していかなければいけない」と言っていたことがありました

続きを読む

[読書メモ]『シャーロック・ホームズの経済学』

p23 心の奥底から、他の人が失敗してもぼくは成功してみせる、今こそ自分を試す機会が来たのだ、とぼくは思った。 p28 カーライルの「天才とは無限に労苦できる能力をいうそうだ

続きを読む