[ホームズ言及]『喰らう読書』(荒俣宏)

  • 書籍
  • 2022年10月28日(金) 05:19

『喰らう読書術』(荒俣宏、ワニブックス、2014:pp103-104)を読んでいてホームズについて言及してありました。

私は高校生のとき、東京の荻窪にあった古物会館というところで、江戸川乱歩の探偵小説を最初に載せたことで有名な読み物雑誌『新青年』のほぼ全揃いに出会ったことがあります。当時私は大の探偵小説ファンで、ルパン、シャーロック・ホームズなどの代表作を一手に日本に紹介したこの雑誌が、どうしても欲しくなりました。

喰らう読書術 一番おもしろい本の読み方 (ワニブックスPLUS新書) | 荒俣 宏 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/3FjPrTE

関連するかもしれない記事

[映画][ベイジル・ラスボーン]『シャーロック・ホームズと恐怖の声』(1942)

ラスボーン・ホームズ3作目『シャーロック・ホームズと恐怖の声』(Sherlock Holmes and the Voice of Terror)を観ました。初鑑賞です。 今回はホームズの髪型が違います。

続きを読む

[読書メモ]『パイプ随筆』

p9 私、個人の経験を申し上げれば、一本のみを愛用していると、そのパイプは、いつも奇麗である。/沢山パイプを持っていると、どうしても手入れがおろそかになる。/私の奥

続きを読む

イギリスで初めて行ったパブ

僕が初めてイギリスに行ったのは、高校を卒業したときでした。浪人をすることになったので、その前に当時からずっと憧れていたイギリスに行かせてもらえることになりました

続きを読む