[コミック]『名探偵コナン』3×9「8月3日の謎」

『名探偵コナン』のコミック第3巻 FILE.9「8月3日の謎」を読みました。

今回のように偶然手がかりが見つかるのは僕は好きじゃないです。論理的に導き出された理論に従って行動してほしい。でないと、物語の進行のために用意された “偶然” であって、作り手の意図が見え隠れして白けてしまいます。同じ理由で、探偵が「なんだか分からないけど、突然ひらめく」というのも、どうかなあと思います。まあ、そういうミステリーは多いんですが。

思い通りに手術がいかないことは起こりうることなので、医者を恨む必要はあるんでしょうか。よほど変な医者なら別ですが、通常は誰のせいでもないはず。これは仕事のミスでも同じことで、偶然が重なり合って失敗が生じることはよくあるので、特定の個人を責めるのはおかしいです。我々人間にできることは、原因を研究して失敗を繰り返さないこと、ぐらいです。

関連するかもしれない記事

[コミック]『名探偵コナン』2×8「恐怖の館」

『名探偵コナン』のコミック第2巻 FILE.8「恐怖の館」を読みました。 今回から小学校の友だちが登場。まだ「少年探偵団」という名前は出てきていません。 館はミステリ

続きを読む

Carleton Hobbs 版ラジオドラマの Series 7 を聴き終えました

BBC Radio 4 Extra で Carleton Hobbs 版のホームズのラジオドラマが公開中です。 BBC Radio 4 Extra – Sherlock Holmes – Available now https://www.bbc.co.uk/programmes/b01j9gzs/episodes/player その Series 7 を聞き終えました。 収録作品: 1 – The Dancing Men(「踊る人形」) 2 – A Case of Iden

続きを読む

Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×26(最終話)

第 26 話 “A Case of Identity” を観ました。ついに最終話です。 突然現れた新キャラ。エピソードのタイトルからしても、アイツは怪しいぞと想像できます。 今回で最終話で

続きを読む