[コミック]『名探偵コナン』3×10「眼前セーフ」

『名探偵コナン』のコミック第3巻 FILE.10「眼前セーフ」を読みました。

タイトルでネタバレしています。

コナンの正体が蘭にギリギリバレませんでした。「妻に秘密がバレそうな夫」の気持ちで読んでいました(僕はやましいことはしていないと思いますが)。

これで3巻が終わりです。

関連するかもしれない記事

[読書メモ]『ストランド版 続シャーロック・ホームズの冒険』

p69 僕には他の人間が音を上げた事件でも解決できるという秘めた自信があったが、とうとう、それを実証するチャンスが来たのだ[。] p70 ブライトンの要望と驚くべき才能からす

続きを読む

[読書メモ]『シャーロッキアン翻訳家 最初の挨拶』

p7 アーサー・コナン・ドイルの一家は「コナン・ドイル」という複合姓 p7 アーサーの父の代やきょうだいの一家は、「ドイル」が姓です。 p9 シャーロッキアーナ・・・・・・シャ

続きを読む

[読書メモ][レビュー]『〈ホームズ〉から〈シャーロック〉へ』

『〈ホームズ〉から〈シャーロック〉へ』をやっと読了しました。 〈ホームズ〉から〈シャーロック〉へ――偶像を作り出した人々の物語 | マティアス・ボーストレム, 平山 雄一

続きを読む