[映画][ベイジル・ラスボーン]『緋色の爪』(1944)

何年も前にベイジル・ラスボーン版ホームズの DVD を買いましたが、中途半端に観て放置していたので、きちんと全部観ることにしました。

まずは『緋色の爪』です。3年半前に一度観ていますが、まったく内容を覚えていません。

1944 年のモノクロ映画です。舞台はカナダです。

「ラスボーン」なのか「ラズボーン」なのかいつも混乱しますが、Basil Rathbone なので「ラスボーン」が正解ですね。

得体が知れない人物がいたからといって、いきなり発砲するのは変でした。

パイプを吸っている人が多いです。

「酒を飲むとしゃっくりが止まらなくなるので、飲まない」と言っていた人が、結局飲んでしゃっくりが出ています。こういう楽しい笑いは好きです。

ラスボーン・ホームズはあまりチャーミングさがないです。その代わり、ドラマ化でよくあるようにワトソンはとぼけた感じです。

字幕で dead を「殺された」と訳されていましたが、死んでいるからといって他殺とは限りません。

掛け時計のチャイムが夜の 2:55 という微妙な時間に鳴っていました。

階段に仕掛けがしてあって、侵入者が通るとブザーが鳴ります。白黒映画の中で見ると妙にハイテクに思えました。

ホームズはリボルバーを手にして追跡するとき、最初にちゃんと銃を開けて弾を確認していました。プロですね。

急いで出掛けるぞと、ホームズはワトソンの頭に帽子を乗せました。かわいいです。

関連するかもしれない記事

「事件解決」とは何か

数少ないホームズが失敗した事件の一つとして「ボヘミアの醜聞」事件があります。 一方で、例えば「踊る人形」事件に関しては、ホームズは暗号を解いたことだし、真相も解明

続きを読む

ホームズ関連で買ってよかったものランキング 2019

2019 年はホームズ読書会を開いていた 2018 年ほどホームズに夢中になったわけではありませんが、それなりにホームズを意識していた1年でした。特に子どもの出産に伴い、病院での

続きを読む

[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 2×13

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第2シリーズ第 13 話 “The Case of the Broken Oath” を観ました。 第2シリーズ最終話です。 シャーリーの帽子が途

続きを読む