[映画][ベイジル・ラスボーン]『シャーロック・ホームズ危機一髪』(1943)

ラスボーン・ホームズ6作目の『シャーロック・ホームズ危機一髪』(Sherlock Holmes Faces Death)を観ました。初鑑賞です。

原作の「マズグレーヴ家の儀式書」が元になっています。

ホームズの髪型がクシャクシャではなく、きちっと固めたものになりました。

ホームズがチェスをしています。僕は昔からチェスが好きだったので、ホームズもチェスをしているのがうれしいです。

屋敷の隠し部屋に迷い込んだレストレード警部のことを家の人は心配していますが、ホームズは「放っておきましょう」と言っているのが笑えました。案の定レストレード警部は「助けて〜」という状況になりました。

ホームズはあまり格闘が得意ではないようです。

関連するかもしれない記事

ホームズとワトスンが行った浴場

河出書房新社の単行本で「フラーンシス・ファーファックスの失踪」の注には、ワトスンが行ったトルコ式浴場はロンドンのパブ・シャーロック・ホームズの横にあると書いてあ

続きを読む

[映画][ベイジル・ラスボーン]『ワシントンのシャーロック・ホームズ』(1943)

ラスボーン・ホームズ5作目『ワシントンのシャーロック・ホームズ』(Sherlock Holmes in Washington)を観ました。初鑑賞です。 これまでの作品の中でも特に面

続きを読む

教会のバザーに出店 & ディアストーカー恥ずかしい問題

先日教会のバザーでホームズグッズを出品することを書きました。 名古屋中央教会のバザーにホームズグッズを出品します – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2019/10/24/selling-holmes-items-at-bazaar/ 以下は実際に出店を終えての感想です。 出品

続きを読む