[映画][ベイジル・ラスボーン]『蜘蛛女』(1944)

ラスボーン・ホームズ7作目の『蜘蛛女』(The Spider Woman)を観ました。初鑑賞です。

初期の 007 映画っぽくてすごく面白かったです。

せっくスコットランドの森の中に出掛けているのに、肝心なところでホームズはディアーストーカーをかぶっていません。

ヒゲとサングラスの男がワトスンのもとに訪れます。例によってホームズの変装だなと思っていたら、変装ではありませんでした。僕も引っかかりました。

221b の部屋を上のほうから俯瞰して撮影しているシーンが数秒程度ありました。面白いアングルで新鮮でした。

今回は何度もホームズが殺されかけます。ハラハラしました。

いつもぼんやりしているワトスンがなぜか射撃がうまくて逆にホームズを殺しかけます。うまい設定でした。

関連するかもしれない記事

肩書きがないのがホームズの魅力

私は学生時代にイギリスに留学しました。ある女性教員が「私は大学院の博士課程まで行ったので Dr ○○○ と呼んでください」と言っていました。 日本だと博士課程に行った人の

続きを読む

ホームズ関係アプリの作成計画 2022

きのうはホームズ関係の本の出版計画について書きました。 ホームズ本の出版計画 2022 – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2022/11/25/book-publishing-plan-2022/ 僕はアプリ開発者でもあるので、ホームズに関係するアプリを作りたいなと以前か

続きを読む

Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×23

第 23 話 “The Adventure of the Creeping Man” を観ました。 結婚式の牧師/神父がロボットになっています。22 世紀ならありえそうです。 このアニメは原作を知っていると、たとえ舞台が 22

続きを読む