[ホームズ言及]『インテリジェンス読書術』(中島孝志)

  • 書籍
  • 2022年11月11日(金) 05:31

pp112-114
「ただ一滴の水を見ただけで、大西洋やナイアガラ瀑布(ばくふ)を実際に知らなくても、それが存在しうることを予言できる」(『緋色の研究』)/ご存じ、名探偵シャーロック・ホームズが推理の神髄を助手のワトソンに教授した場面に登場する有名なくだりです。/わたしはこの短いフレーズに仕事術のエッセンスが込められていることを信じて疑いません。ですから、講演やセミナーでもよく引用しています。そして、その理由を説明すると、ほとんどの人が納得してくれます。/「ただ一滴の水」とは、部分的な情報、断片的な情報のことです。つまり、”情報のかけら”です。しかし、たとえかけらであろうと、立派なヒント=情報=インテリジェンスであることに変わりはありません。[…]この「価値ある情報のかけら=インテリジェンス」x「仮説=イマジネーション」から解を導き出すこと。それこそまさに、シャーロック・ホームズのいうところの「推理の法則」そのものです。/このようにして、毎日、情報のかけらを自分の仕事の成果に結びつけているのが、仕事ができる人々なのです。

インテリジェンス読書術 年3000冊読破する私の方法 (講談社+α新書) | 中島孝志 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
https://amzn.to/3FNV1xP

関連するかもしれない記事

[コミック]『名探偵コナン』3×6「かなわぬ夢」

『名探偵コナン』のコミック第3巻 FILE.6「かなわぬ夢」を読みました。 恋が叶わなくて殺人を犯すのは、バカにされたとはいえ、ちょっと動機としては弱い気がしました

続きを読む

ホームズとワトスンが行った浴場

河出書房新社の単行本で「フラーンシス・ファーファックスの失踪」の注には、ワトスンが行ったトルコ式浴場はロンドンのパブ・シャーロック・ホームズの横にあると書いてあ

続きを読む

『シャーロック・ホームズの冒険』初版本レプリカを注文3

『シャーロック・ホームズの冒険』の初版本のレプリカを注文したことを書きました。 『シャーロック・ホームズの冒険』初版本レプリカを注文 – Sherlock Holmes Topia https://sh-topia.cf/2020/06/09/buying-the-adventures-of-sherlock-holmes-first-edition-replica/ 『シャーロック・ホー

続きを読む