[コミック]『名探偵コナン』4×3「書けないペン」

『名探偵コナン』のコミック第4巻 FILE.3「書けないペン」を読みました。

「犯人は A さんに違いない。でも証拠がない」という論法で証拠を探すことはミステリーではよくあります。

でもよくよく考えると変です。自分の考えに都合のいいように証拠を集めるのは、視野を狭める可能性があります。

関連するかもしれない記事

Carleton Hobbs 版ラジオドラマの Series 7 を聴き終えました

BBC Radio 4 Extra で Carleton Hobbs 版のホームズのラジオドラマが公開中です。 BBC Radio 4 Extra – Sherlock Holmes – Available now https://www.bbc.co.uk/programmes/b01j9gzs/episodes/player その Series 7 を聞き終えました。 収録作品: 1 – The Dancing Men(「踊る人形」) 2 – A Case of Iden

続きを読む

[コミック]『名探偵コナン』4×4「はちあわせた二人組」

『名探偵コナン』のコミック第4巻 FILE.4「はちあわせた二人組」を読みました。 黒の組織、再び登場です。 タイムリミット・サスペンスでドキドキします。 二階建ての食

続きを読む

[映画][ベイジル・ラスボーン]『緑の女』(1945)

ラスボーン・ホームズの 11 作目『緑の女』(The Woman in Green)を観ました。初鑑賞です。 予感はしていましたが、死んだと思ったモリアーティー教授はやはり生きていまし

続きを読む