映像作品におけるパイプのリアリティー

映画『アステロイド・シティ』を観ました。

9/1(金)公開|映画『アステロイド・シティ』公式-ウェス・アンダーソン監督最新作
https://asteroidcity-movie.com/

この映画を楽しみにしていたのは予告編でパイプを吸う人がいることを知ったからです。そして映画中ではタンパー(葉を押さえる道具)やパイプ用の Zippo などを使っていました。そういうちゃんとディテールが描かれているのが良かったです。冒頭の Zippo を使ったギャグもナイスでした。

9/1(金)公開『アステロイド・シティ』本予告 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=2llucZCV3Uo

ホームズの映像作品でもただパイプをくわえているだけの演出が多いです。煙が出ていないこともあります。パイプはただ手に持っていればいいというものじゃないです。ちゃんと吸っている感を出してほしいのです。

ロジャー・ムーア演じるホームズが出てくる “Sherlock Holmes in New York” では、パイプの葉を袋から出して、火をつけるところまで描いていました。ロジャー・ムーア自身がパイプスモーカーらしいので、そういうところまでちゃんとしていたんだと思います(映画は YouTube に上げている人がいます)。ひょっとしてパイプの演出がいまいちな映画は、パイプを吸ったことがない俳優が演技をしているのかもしれません。

現時点で日本公開が決まっていない『オッペンハイマー』でも予告編を観る限りパイプが出てきそうなので楽しみにしています。

Oppenheimer | Opening Look – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=sOsIKu2VAkM

参考:
[映画] “Sherlock Holmes in New York”(1976) – Sherlock Holmes Topia
https://sh-topia.cf/2019/01/24/film-review-sherlock-holme-in-new-york/

関連するかもしれない記事

[コミック]『名探偵コナン』2×4「行方不明の男」

『名探偵コナン』のコミック第2巻 FILE.4「行方不明の男」を読みました。 「犯人追跡メガネ」が登場です。半径 20 キロ以内の発信機を追跡できるのは知りませんでした。

続きを読む

4月の朝食クリスティ短編読書会のお知らせ

4月の朝食短編読書会のお知らせです。いいホテルで朝食ブッフェを食べながら、短編小説の読書会をします。 課題作品は短い短編1作品で、読書会と食事を合わせて1時間程度

続きを読む

Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×4

第1シーズン第4話 “The Adventure of the Empty House” を鑑賞しました。前回と違って原作と同じタイトルです。 ホームズがいなくなっているときに、ワトスンがホームズのセリフを

続きを読む