映画『奇蹟がくれた数式』とパイプ

X で『奇蹟がくれた数式』という映画を知り、予告編が面白そうだったので観てみました。

Amazon | 奇蹟がくれた数式 [Blu-ray] | 映画
https://amzn.to/3VxTKTA

映画の感想ではなく、シャーロック・ホームズ的視点で感想を書いてみます。

最初の方で Stephen Fry さんが出てきます。Fry さんはロバート・ダウニー・Jr の映画『シャーロック・ホームズ』でマイクロフト役で出演していましたし、ホームズ全集のオーディオブックナレーターでもあり、彼自身ホームジアンとしても知られています。

参考:
スティーヴン・フライによるホームズ全集オーディオブック – Sherlock Holmes Topia
https://sh-topia.cf/2019/10/13/sherlock-holmes-audiobook-by-stephen-fry/

舞台はちょうどホームズの時代のケンブリッジ大学です。

指導教員であるイギリス人がパイプスモーカーでした。映画中何度もパイプを吸っているシーンがありました。

改めて感じたのは、大学教授というのはパイプがよく似合うということです。ホームズ同様に考えることが仕事なので、パイプを吸ってリラックスすることで創造的な思考をしているんでしょう。

僕が初めてパイプを吸っている人を生で見たのはイギリスに留学していたときでした。大学のキャンパス内で、まさに教授らしき人がパイプを吸っていたんです。

Amazon | 奇蹟がくれた数式 [Blu-ray] | 映画
https://amzn.to/3VxTKTA

関連するかもしれない記事

Sherlock Holmes in the 22nd Century 1×3

第3話を観ました。タイトルは “The Hounds of the Baskervilles” 。原作が “The Hound of the Baskervilles” なので、ほんの少しだけ変えています。 月面に魔

続きを読む

[海外ドラマ] シャーリー・ホームズの冒険 4×7

『シャーリー・ホームズの冒険』(The Adventures of Shirley Holmes)の第4シリーズ第7話 “The Case Of The Perfect Boyfriend” を観ました。 シャーリーは外では帽子をかぶってい

続きを読む

[読書メモ]『シャーロッキアンの放浪三昧』

p11 百年という尺度で現在を眺めると、人間の社会というものがいかに変わったか、あるいは人間とはいかに変わらないものであるかということが、よきにつけあしきにつけ、ホー

続きを読む