小規模ホームズクラブの魅力

  • 一般
  • 2024年04月18日(木) 05:03

日本シャーロック・ホームズクラブは世界のホームズクラブの中でも会員数が最も多いと聞きます。

一方で日本のホームジアン団体の数はかなり少ないのではないかと思います。

それに対してアメリカにはいろいろ団体があるようです。数が多いぶん、それぞれの団体会員数はそんなに多くないはずです。

僕はアメリカのようにたくさん団体があるほうに魅力を感じます。

僕自身ホームズ全集の読書会を開催したとき、大げさに「名古屋シャーロック・ホームズ研究会」と名乗っていました。多い回で 10 人が参加するほどの小規模な集まりでしたが、小規模ゆえに僕自身が好きなようにできましたし、あれこれ実験的なこともやりました。スベッたことも多くありましたが、学びも多くありました。もしこれが規模が大きい団体であれば、自由にできませんでした。

日本で小規模団体が増えないのは、日本人は大きい船に乗りたがる性質があるからではないでしょうか。

たしかに大きいからこそできることはありますが、今の時代、個人ができることがどんどん増えていますし、その個人個人が繋がるのも簡単です。活発に活動するホームズ団体の小グループがもっと出てほしいなと思います。

関連するかもしれない記事

ホームズ物語が時系列順でないわけ

これまでホームズの読書会を開いて、初めてホームズ物語を読むような人によく聞かれたのが、「これはホームズが何歳ぐらいの事件なのか」という質問でした。その問いは、各

続きを読む

『シャーロック・ホームズの冒険』初版本レプリカが届きました

海外の The Bradford Exchange というサイトで『シャーロック・ホームズの冒険』初版本レプリカが発売されたことを知り、Planet Express を使って注文したと書きました。 『シャーロック・ホー

続きを読む

イギリスの霧

『バスカヴィル家の犬』に以下のようなホームズの言葉があります。 「あと 15 分以内に彼が出てこないと、道はすっかりこの霧につつまれてしまう。さらに 30 分もすれば、目の前

続きを読む